留守番について

しつけ・トレーニング

寂しがりやなブタさんと生活するうえで、留守番をさせるとき、心配ですよね。今回は留守番するときの注意点や留守番トレーニングについてのお話です。

留守番の際の注意点

①ブタさんは飲水量が多いので、水がなくならないようにセットしておきましょう。(こぼれないウォ―タ―ディッシュタイプの水入れを使用することをおススメします)
②出かける前に、厚手のトイレシーツをセットしましょう。飲水量が多いため、排尿も多く、留守番の間に、トイレシーツがひたひたにならないようにしましょう。またトイレの大きさをワイドタイプにしたり、2つ設置するなど工夫をしてください。
③ケージ内ではなく、フリーでの留守番の際、ブタさんがイタズラしないように、電気コードや小物などは手の届かない場所に置きましょう。
④冷房・暖房は付けっぱなしにしましょう。長時間のお出かけのときは、日中と夜で温度差がでないよう、スマホで遠隔操作出来る温度管理アイテムがあると便利です。

留守番はケージ内でないとダメ?

ケガや誤飲になる原因の元を作らないように、mipigでは、ケージでの留守番をおススメします。

ケージに慣れさせよう

ブタさんは頭が良いので、家の中の、どこで寝ることが快適かを把握しています。ケージは風の当たらない暖かい場所に設置しましょう。また、ケージ内にふかふかなベッドを用意してください。普段寝ている快適な場所より不快な場所に閉じ込めると、ブーブー文句を言います。
もし毎日家族と一緒に寝ている場合は、ケージでも寝られるようにトレーニングをしましょう。毎日一緒に寝ていると、留守番のときやどうしても1人で寝なくてはならないときに寝れなくなってしまいます。ごはんを与えるとき、ケージの中で食べさせることも、ケージに慣れさせるコツの一つです。
ケージで寝られるようになると、急な留守番でも安心することができます。

ケージに慣れてきたら

ケージに慣れてきたら、留守番の練習をしていきましょう。まずはケージにはいってもらい、5分ほどその場を離れましょう。戻ったときにイタズラや騒いだりしていなかったら褒めてあげてください。イタズラなどしていた場合は、怒らず構わないようにしてください。構ってしまうとイタズラすれば構ってくれると思ってしまい、留守番が難しくなります。

留守番をしてもらおう

●●
mipig編集部