ブタさんのトレーニング【トイレ編】

しつけ・トレーニング

ブタさんと楽しく暮らすために必要になってくるのが、トイレの場所をしっかり覚えることです。トイレトレーニングは、ブタさんによってすぐ覚える子もいれば時間がかかる子もいます。根気のいるトレーニングになりますが、失敗にめげず忍耐強く続けていきましょう

イレの設置場所

ブタさんは、綺麗好きと言われているように排泄場所、食べる場所、寝る場所を分ける習性が強い動物です。この3つの場所をしっかり分けて設置しておけば、寝床で排泄することは滅多にありません。この綺麗好きなブタさんの習性をうまく利用すれば、トイレトレーニングは比較的簡単です。

トイレトレーニングの準備

トイレトレーニングはブタさんが家に来た日から始まります。事前に準備をしておきましょう。トイレボックスは犬用の縁がついているものだと、ブタさんにとってもトイレとそれ以外の場所を区別しやすいので覚えやすいです。また、漏れや飛び散りを防ぐこともできます。体が小さいブタさんはあまり大きいトイレボックスだと、落ち着いて排泄できず覚えづらいので、体の成長に合わせてトイレの大きさも合わせていくといいでしょう。

おススメ用品

トイレボックス
トイレボックスは縁があり、シーツの上に網があるタイプにしましょう。縁があるタイプはブタさんが認識しやすくおしっこの飛び散り防止になります。また、網があるタイプはシーツを噛む等のイタズラ防止になります。
消臭スプレーCELA
無香料で人畜に無害なので安心して使用できます。mipig cafeでも実際に使用しています。

mipigからブタさんを家族に迎えたら??

mipigではカフェにいる期間でトイレトレーニングを実施してからのお引渡しとなりますが、環境が変わると再度トイレトレーニングが必要となります。まずお引渡しの際にキャリーケージ内で使用した汚れたトイレシーツを使用してください。ブタさんは臭いがついている場所をトイレと認識しやすいためお引渡し時のトイレシーツを使用していただくようお伝えしております。

トイレトレーニングをしよう

トイレトレーニングの手順は次のように行います。
①トイレは壁際など部屋の隅や陰になっているような場所でごはんの場所や寝る場所から離したところに設置し、尿や糞の臭いをつけておきます。
②トイレの場所をしっかり認識させます。
③そわそわし始めたらトイレに誘導します。
④上手にトイレボックスで排泄できたら、ご褒美(おやつ)をあげるのと同時にたくさん褒めてあげます。

トイレのタイミング

ブタさんは起きた後や食後にトイレをすることが多いので、その時によくブタさんの行動を注意して観察し、トイレの仕草をしたらトイレボックスに連れていきましょう。

失敗してしまったら

トイレボックス以外の場所で排泄してしまった時には、怒鳴ったり叩いたりすることはやめましょう。トレーニングは基本的に褒めることで教えていきます。トイレボックス以外の場所で排泄をしてしまったら消臭スプレーを使い匂いを消しましょう。それでも特定の場所で排泄をする場合はその場所にトイレボックスを移動させ、上記のトレーニングを継続して行います。

お散歩でのトイレ

お散歩でトイレの習慣がついてしまうとお家でトイレができなくなってしまいます。豚コレラなどの病気が発生し、お散歩に行けない場合ブタさんにとってストレスになるので極力お家でトイレをするようにトレーニングをしましょう。

ブタさんのトイレトレーニングは、ブタさんの習性をうまく利用することでトイレを覚えてもらえます。ブタさんを家に迎える前からトイレの準備をしておき、ブタさんが来たその日からトイレトレーニングを開始しましょう。トイレに失敗してしまっても怒ったりせず、成功したときはたくさん褒めておやつもあげましょう。ブタさんによっては、覚えるまでに時間がかかることがあるので諦めずに根気強く続けましょう。

●●
mipig 編集部
ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig app

Related posts