トレーニング【お座り編】

しつけ・トレーニング

ブタさんのトレーニングで必要になるのがお座りです。今回はお座りトレーニングをする意味や教え方についての記事になるので参考にしてみてください。

お座りを教える理由は?

お座りを教えることで事故を防いだり、興奮を抑制したりすることが出来ます。お散歩中に道路飛び出そうとしたときお座りの指示を出すと急な飛び出しを防ぐことが出来ます。ごはんが欲しくて興奮している時もお座りの指示で落ち着いてくれます。

お座りトレーニングの準備

トレーニングの前にご褒美を準備しておきましょう。ご褒美はマイクロブタフードやニンジンなどの野菜、リンゴなどの果物がおススメです。
〈point〉ニンジンやリンゴは食べやすく小さめのサイズに切っておきましょう。大きすぎると食べるのに時間がかかり集中力をなくしてしまいます。

お座りトレーニング

①ブタさんの好きなおやつを握って拳の匂いを嗅がせましょう。
ブタさんがにおいを嗅いでいる、拳をブタさんの頭上へゆっくり動かします。
〈point〉人差し指をブタさんの頭上へゆっくり動かすと指示が分かりやすいです。
③自然と床にお尻がつく状態になるので、その瞬間に褒めながらおやつをあげましょう。
④③の工程に慣れてきたら、床にお尻がつく瞬間に「お座り」と指示を出し、出来たらおやつをあげましょう。
⑤④を繰り返しトレーニングしていくうちに「お座り」の言葉だけでもお座りをするようになります。
〈注意〉指示の言葉をバラバラにしてしまうとブタさんが混乱してしまうので、言葉はご家族で統一しましょう。

mipig cafe

カフェでは、お座りやスピンなどの簡単なトレーニングを優先的に行っています。カフェの子たちは、お尻が床についてもおやつが欲しい興奮ですぐにお尻が上がってしまう子が多いです。お尻が上がったときはおやつをあげずにもう一度「お座り」と指示を出し、必ずお尻が床についているタイミングでおやつをあげることで徐々に出来る子が増えました。

カフェでのトレーニング期間の間にお座りが出来るようになるブタさんも居るので、お引渡しの際にお座りが出来るかなど聞いてみてくださいね。