わがままブタ症候群

しつけ・トレーニング

「うちの子が自分の言うことを聞いてくれない!」
「ずっとごはんをねだってくる!」という事はありませんか?それって、もしかして飼い主さんとして見られていない可能性がとても高いです。

わがままブタ症候群とは?

ブタさんはわんちゃんと同様、群れで過ごす動物なので主従関係をとても大事にします。可愛いからと言っていつでもおやつをあげたりしたり、なんでも言うことを聞いてあげていると、甘えったれのブタさんになってしまいます。アメリカではそのようなブタさんに「Spoiled Pig Syndrome」(訳:わがままブタ症候群)と症状の名前を付けるほど実は結構深刻な問題です。

破壊行動

ブタさんはどうしてもおっとりしているイメージがあるので、ワンちゃんと比べるとあまりしつけをしなくっても大丈夫だろうと思う方もいらっしゃいます。しかし、ブタさんは鼻が器用で力強いので、自分の思い通りにいかなかったとき、「破壊行動」にでる可能性があります。「破壊行動」とはブタさんがいら立った時やさみしいときに見せる行動です。自分の怒りやさみしさをどこかにぶつけたいので、ひたすら家具にお鼻をゴリゴリ、ソファーにゴリゴリ、クッションをゴリゴリなどをしてあっという間に壊されてしまいます。ブタさんが甘やかされて育つと、すぐ苛立ちを見せるようになるので、飼い主さんにはもちろんブタさんもストレスを感じ、よくありません。

わがままブタ症候群のサインの一例

・叫ぶ
・噛む
・突撃する
・唸る
・音を出す
・頭を横にぶんぶんふる
・食べ物をとりあげる
・言っても動いてくれない
・破壊行動(ベッド、家具など)

わがままを発揮するということは、もうすでに飼い主さんを下に見ている可能性が高ため、一番大事なのはお迎えしたときから、きちんと教えてあげることです。怒るのではなく、ちゃんとできたらおやつをあげる、いっぱい褒めてあげることが大事です。もうお迎えしてから結構時間が経ってしまった・・・という方も焦らずちょっとずつ毎日訓練してあげましょう。

対処法とわがままの治し方