奇跡の子ブタさん

コラム

どうも、こんにちは。mipig責任者兼マイクロブタブリーダーの皆川竜二です。
多産動物であるブタさんの出産は、親子ともに命懸けです。
特に子ブタさんの場合、生まれて数日以内に何匹か死んでしまうことが多いです。そんな危険が伴う出産ですが、私が経験した中で最も危険だった出産エピソードを1つご紹介致します。

早過ぎた出産

ブタさんの妊娠期間は114日と言われております。これは不思議なくらい正確で、2~3日前後する事があっても、基本的に交配を行ってから114日で生まれます。そんな出産を控えているお母さんブタさんに事件はおきました。交配から104日目で出産が始まってしまいました。
ブタさんは予定日より7日以上早く生まれてしまうと、まず助からないと言われております。10日も早く生まれてきた子達はかなりの未熟児で、非常に弱っておりました。
目も開かず、歩けず、お母さんのミルクを吸う力もなく、何もしなければ間違いなく、死んでしまう状況でした。なのでとりあえず、人工的にミルクを与え始めました。お母さんのミルクを絞り、再度温め、それでも量が足りないので代用乳を使い、子ブタ達にミルクを与え続けました。1時間に1回、昼夜問わず。それでもなかなか元気にならず、子ブタ達の数も徐々に減っていきました。正直ほとんど寝れない状況でした。ただ回復を祈り、ミルクを与え続ける他なかったです。
そんな生活が続いて7日ほどで、数匹が歩けるようになり、遂にはお母さんのミルクも飲めるようになりました。7匹にミルクを与え始め、最終的に生き残ったのは2匹だけでした。
5匹死なせてしまったのは非常に苦ですが、私が知る限り10日早く生まれて生き残った子ブタさんは、この2匹だけです。
獣医の先生も、何年も養豚の農場長をやられていた方も、前例は聞いた事がないと言っておりました。今思えば、ペット、そして家族という観点で彼らに触れ合っている私達でなければ成し得なかった事なのかもしれません。

その後…

2匹の内、1匹は現在妊娠中でお母さんとなる予定です。安産であることを願ってます。

ファームで暮らすメープル。出産間近!



カフェに居た時のメープル

メープルの兄妹、ブラウンくんは家族へ引き取られ、現在スクスクと育っております。

スポットちゃんと暮らすブラウンくん



カフェに居た時のブラウンくん

ブラウンくんの日々の暮らしを見たい方はこちら
instagram ID:atelierponta1217

もっとも危険な状況下で生まれたこの2匹はちょっとした逆境には負けず、これからも健康にスクスクと育つと思っております。


●● mipig 責任者 皆川 竜ニ
ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig app