トレーニング【待て編】

しつけ・トレーニング

おやつをあげる際の飛びつきや噛み癖等に悩んでいるご家庭も多いのでは、ないのでしょうか?

待てを教えると?

待てを教える事で、ごはん前の興奮を抑えたり、おやつ時の噛み癖や飛びつきを抑制する事が出来ます。おやつ時の噛み癖は、鼻を掴み叱るより、出来たら褒めておやつをあげることでブタさんも楽しみながらトレーニングすることが出来ます。

トレーニング前の準備

トレーニング前にご褒美を用意しておきましょう。マイクロブタフードや小さく切ったお野菜、果物を用意しましょう。ご褒美が大きすぎると、食べるのに時間がかかり、集中力が切れてしまいます。ビートファイバーは、粒が大きく、食べ終えるまでに時間がかかるため、トレーニング用には向いておりません。

待ての教え方

待てを教える場合は、お座りが出来る子の方がトレーニングしやすいです。
●お座りが出来る場合
①お座りの指示を出し、お座りをしてもらいます。
②ちゃんとお座りができましたら手のひらを見せ、「待て」と手の指示と言葉の指示を出します。少しでも待つことが出来たら、よしと声をかけご褒美をあげ褒めましょう。
③待ち時間は、1秒から始めて3秒、5秒、10秒と少しずつ増やしましょう。
④上記を続けると、待ての言葉だけで待てるようになります。
【point】少しでも動いてしまった場合は、ご褒美をあげず、再度指示を出しましょう

●お座りが出来ない場合
①上を向いてもらえるようにおやつを上の方で持ち、こっち見てと言葉の指示を出します。
②上を見たら、アイコンタクトを取るようにしましょう。アイコンタクトが取れたら、ご褒美をあげ褒めてあげましょう。
③アイコンタクトが出来るようになってきたら、少し待って貰いましょう。上を見てもらい、待ての声をかけます。少しでも待てたら、ご褒美をあげます。
④待ち時間は、1秒から始めて3秒、5秒、10秒と少しずつ増やしましょう。
【point】飛びついてきたりしたら、再度待ての指示をかけましょう。

トレーニング【待て編】動画

トレーニングのやり方は、沢山あるので、その子に合うトレーニングを見つけて楽しく過ごしましょう。噛み癖等が直らず、お困りの場合には、お気軽にチャットにてご相談くださいませ。

●●
mipig 編集部