ブタさんのトレーニング【お手編】

しつけ・トレーニング

ワンちゃんにお手を教えるご家庭は、多いですよね。ブタさんもお手が出来るようになるのでしょうか?ブタさんにお手を教えてみたいと思う方は、今回の記事を参考にしてみてください。

必ず教えた方がいいの?

お手は、必ず教えなければいけないトレーニングでは、ありません。優先的に教えないといけない事を小さいうちにやっておきましょう。(おトイレや噛み癖、待て等)

お手を教えるメリット

必ず教える必要はないと書きましたが、もちろんメリットもあります。ブタさんは、足が浮いたり、足を触られる事を嫌がります。そのため、爪切り等の際に嫌がる子も多いかと思います。日頃からお手で足が浮いたり、足を触れられたりし、慣らしておくことで爪切りや足拭き等のケアがし易くなります。

お手の教え方

お手を教える際は、お座りが出来ている子の方が教えやすいです。
①「お座り」と指示を出します。
②お座りをしたら、片足の前肢を持ち上げ、「お手」と声をかけながらご褒美を与えます。
③②に慣れてきたら、前肢をトントンして、お手をするよう促します。
④繰り返し行うと、「お手」の声かけのみで出来るようになります。

お手を教える時の注意点

足を持たれる事を嫌がる場合には、余計嫌になってしまうので、無理にやらないようにしましょう。最初は、足を触るだけにして、徐々に浮かす事に慣れさせましょう。

ご褒美をもらえたり、褒められることでブタさんが楽しみながらトレーニングすることができます。お互いが楽しみながら、トレーニングをしましょう。

●●
mipig 編集部
ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig app

Related posts