【まとめ】ブタさんが接種するワクチンについて

健康・病気

ブタさんにはどのワクチンを接種したらいいの?mipigでは接種していないワクチンだけど、病院で勧められたから接種した方がいいの?等、お困りの方もいらっしゃると思います。今回は、実際にオーナーに頂いた質問等をまとめて、ご紹介いたします。

接種した方が良いワクチンを教えて欲しい

mipigでは、人へ感染する可能性のある、豚丹毒と日本脳炎の接種を推奨しております。また、CSF(豚熱)の接種県の場合には、接種するようにしましょう。

豚丹毒・日本脳炎・CSFワクチンの接種時期や回数が知りたい

・豚丹毒(病院接種)
mipigでは、豚丹毒を半年に1回目安で接種しております。
・日本脳炎(病院接種)
mipigでは、4月と9月を目安に接種しております。蚊を媒介する病気のため、蚊の出る時期に打っております。10月も暑い日があり、蚊が媒介していることから、効果の切れる前の9月に再度接種してます。
※豚丹毒と日本脳炎は、地域や病院によっても、接種時期・回数・種類等が異なりますので、かかりつけ医へご相談下さい

▼豚丹毒・日本脳炎について詳しくは以下の記事をご参考下さい

ブタさんが定期的に打つワクチンについて


・CSFワクチン(家畜衛生保健所接種)

CSFワクチンは、初回接種から6ヵ月後に再度接種するため、初年度は計2回ワクチンを接種します。その後は、年に1回の接種となります。原則として同じ個体への接種は、4回までとなります。
※お迎え後の接種スケジュールは、お住い地域の家畜衛生保健所とご相談下さい。

▼CSFワクチンについて詳しくは以下の記事をご参照下さい

CSF(豚熱)について


mipigで打っているサーコウイルスは接種した方がいいの?

サーコウイルスは、離乳後の週齢5~13週のブタさんが感染する病気のため、今後接種の必要はございません。 

mipigで打っているARBPは接種した方がいいの?

ARBPは、萎縮性鼻炎予防のワクチンになります。当初は接種していないワクチンでしたが、カフェで萎縮性鼻炎の可能性がある子がいたため、カフェ・ファーム共に予防接種を行うようになりました。萎縮性鼻炎は、他の病気同様にお散歩や人の衣類等で菌が移る事があり、どこで菌を貰ってしまうか分かりません。そのため、接種して方が安心ですが、最終はご家族の判断となりますので、かかりつけ医でご相談の上、決めるようにしましょう。

豚インフルエンザの接種を勧められました。接種した方がいいの?

豚インフルエンザは、流行っている地域であれば、接種したほうがいいと思います。流行っていない地域では接種しなくてもいいと思いますが、かかりつけ医とご相談の上、接種するか決めましょう。
※インフルエンザは、人からブタさんへ感染する事もあります。そのため、ご家族がインフルエンザワクチンを接種しておくのがいいと思います。

上記で記載されている以外のワクチン接種を勧められました。接種した方がいいの?

養豚場でも、規模や人の出入りなどにより予防方法・接種するワクチンは農場ごとで異なります。ペットの場合は、養豚場が近くにあるのかやイノシシが出る地域なのか、お外に連れて行く事があるのかにもよって、接種したほうがいいワクチンも異なってきます。そのため、かかりつけ医で相談しながら、接種するワクチンを決めることをおすすめします

ブタさんのワクチンについて、参考になりましたかでしょうか?ブタさんが病気を発症しないよう、予防できるものはしっかり予防をして、健康管理をしていきましょう。

●●
mipig 編集部
ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig owners。